ボイストレーニングを受けることで子どもはどう変わっていくのか

>

ボイストレーニングでは歌いやすい声の出し方を学べます

歌や音楽に触れ合うと表現力豊かに育つ

小学生の頃から、音楽や歌に関わって育ってきた人は表現力がとても豊かでした。
ボイストレーニングの場合、歌だけではなくピアノや他の楽器にも触れ合うことがあります。
きちんとした音程を学ぶ為です。

歌にも意味があり、何も考えないで歌うのと歌詞の意味に合わせた表現を使って歌うのとでは聞こえ方が全く違うのです。
ボイストレーニングは表現力を豊かにしてくれるだけではなく、歌それぞれの個性を自分の声にして歌える様になります。

表現力を養うことで、歌の情景が浮かび世界感を大切にして歌う事が一番の理想ですね。
学生の頃、合唱を経験した人は多いと思いますが、その中でも一際歌が上手な子はボイストレーニングを受けている子でした。
やはり表現力も素晴らしいですが、何よりも伸びのある声をだせる所は流石だなと感じます。

子どもの頃に身につけた表現力は大人になっても消えません。
歌が人に与える影響はとても大きいものですね。

歌は心に栄養を与えてくれます

歌は年齢関係なしに楽しむ事ができるので合唱・コーラスなどで多くの人と交流出来ます。
ボイストレーニングは歌が上手くなるだけではなく、歌を通して人と繋がる方法も教えてくれます。

学生の頃は、学校全体で合唱コンクールを開催して生徒同士の親睦を深めるのに歌を利用します。
ボイストレーニングは勿論、自分の為ですが、歌を通して多くの人と繋がるチャンスも得られます。

子どもの頃に習っていたことは、大人になっても役に立ちます。
音楽の授業では声の出し方までは丁寧には教えてくれません。

どんな時代でも、元気のない人や被災地などで歌は大活躍します。
人を励ましパワーを与える事の出来るのも、歌なのです。

子どもが積極的ではない、人と上手く話が出来ない意見が言えないなど性格なので個人差はありますがボイストレーニングはそういう子ども達にもとても良い影響を与えてくれるそうです。


シェアする